イベント情報

第1回「達人ツアー」~「達人」とソウルを歩く~の募集開始

下記のとおり、第1回「達人ツアー」の参加者の募集を開始いたします。

 

         第1回「達人ツアー」~「達人」とソウルを歩く~

【主  催】 特定非営利活動法人あおもりコリアネット

【共  催】 青森県(予定)、青森空港国際化促進協議会(予定)、特定非営利活動法人あおもりハングルサービス

【後  援】 韓国観光公社、青森県日韓親善協会連合会

【助  成】 公益財団法人むつ小川原地域・産業振興財団の助成事業

【実施期日】 平成26年9月13日(土)、15日(月)、16日(火)、18日(木)

【趣  旨】

「達人ツアー」は、青森県が企画する「つながろう、青森⇔韓国キャンペーン」のメインイベントで、
「達人」が韓国の新たな魅力を伝えます。

歩くと不思議な魅力にあふれる街ソウル。街歩きをしてみたいが路地裏を歩くのは怖い。
韓国でタクシーや地下鉄を自由に使うことができたら目的のスポットに簡単に行けるのに、一人で乗るのは怖い。
もし韓国に友人がいれば、もっと楽しめるのに。

こんな思いを持っている方に贈るイベントです。

【「達人ツアー」の特徴

① 「達人ツアー」は、旅行業法に基づく行為ではなく、主催者が韓国で独自に開催するイベントです。
  主催者は、参加者から金銭を集めることはいたしません。

② ご参加の方は、自らパッケージツアーなどを手配してソウルに行くことが必要です。
  イベントは、青森~仁川線の9月12日(金)、9月14日(日)、9月17日(水)の
  青森空港出発便を前提にしたスケジュールとなっています。

③ 参加者は、「達人」の説明を聞きながら歩きます。
  また、サポーターが見守る中でタクシー料金や入館料などを自ら払います。

④ 各コースの集合場所には、自ら行くことを想定していますが、
  これが難しい参加者にはホテルまで迎えに行くなど、サポートいたします。

⑤ 各ツアーでは、必ずタクシー乗車や地下鉄に乗る体験をします。
  主催者が作成した「タクシー乗車キット」を使って運転手に行先を指示する方法を学びます。
  地下鉄を利用する場合はT-Money(日本のSuicaに相当)などの買い方・使い方をお伝えします。
   T-Moneyは2,500ウォン~。これに必要金額をチャージして使用します。
   また、1回用交通カード(保証金500ウォン+乗車料金)も利用できます。

⑥ 自己責任での参加となりますので、出発前に旅行保険に必ず入って下さい。

⑦ イベント参加に必要な情報は、主催者ホームページやフェイスブックの参加者専用サイトで提供。
  これを見ることができない方には他の方法でお知らせします。

⑧ 韓国の新たな魅力を多くの県民の皆さんにお伝えするため、青森県内の報道機関等の方の同行も想定。
  ご了解下さい。

【申込方法】  メール又は電話をいただくと、申込書を返信いたしますので、これで申し込み下さい。
         メールアドレス:a_hanguls@yahoo.co.jp    電話:080-6006-6500(平日の9:00~17:00)

【定員・実施時間等】

    ① 定員:各コースの定員は12名まで。申込みが定員になり次第、締切。
          2名以上の申し込みがあれば実施します。
          3人が一組になりサポーターが1名付きます。

    ② 実施時間:9時集合でスタート。4時で終了。

    ③ 各コースとも「街歩き」がテーマ。
      タクシーや地下鉄にも乗りますが、徒歩がメインとなります。
      歩きやすい靴や服装でご参加下さい。

    ④ サポーターなど韓国側の協力者との交流会を行います。
      各コースとも18:00~19:30
      自由参加です。
      韓国人が夕食等で普通に使う店(チゲ料理、「豚足」料理の店など)で行い、会費3000円以内。
      韓国に友人をつくるよい機会です。

    ⑤ 夜、「『ソウルの達人』への道」(http://seoulexpert.blog85.fc2.com/)や各種ガイドブック等で
      紹介された店に行きたい方には、行き方等をお知らせします。

【コース内容】(全3コース)

  (1)大学路~駱山~仁寺洞~ソウル館(実施日:9月13(土)、9月18(木))

 芸術の創造拠点である大学路、李朝時代の城壁、路上アートを体験した後、
仁寺洞等の伝統文化や、現代美術の新拠点を楽しみます。

    ◎ 集合場所 大学路のマロニエ公園

    ◎ 行  程

 マロニエ公園そばの旧京城帝国大学の建物跡や、大学路の劇場街を見て、駱山公園へ。
 李朝時代の城壁が残る急な坂道や路地裏、そこに住む人々の暮らし。
 その空間に描かれた路上アートを体感します。
 仁寺洞で昼食後は、仁寺洞や伝統的な住居地区を歩き、
 国立現代美術館ソウル館に至り、現代美術の粋を観賞して終了。

 参加者の状況を見て、急な坂道を避け、楽に歩ける道に変更することがあります。

 荒天の場合、街歩きはソウル歴史博物館(入館料無料)観覧などに変更となることがあります。

    ◎ 予  算

     ・昼 食:10,000ウォン以内(仁寺洞の冷麺や石焼ビビンバの店を想定)

     ・タクシー料金:10,000ウォン以内

     ・国立現代美術館ソウル館の入館料:4000ウォン

 (2) 景福宮~仁寺洞~明洞~Nソウルタワー(実施日: 9月15(月))

景福宮を観覧し、仁寺洞や明洞経由で、Nソウルタワーで市内を一望。
ソウル観光の最もベーシックなコースを通って街歩きを楽しみます。
韓国が初めての方にもおススメ。

    ◎ 集合場所 ソウル広場(ソウル市庁前の広場)

    ◎ 行  程

 ソウル広場を出発。世宗大路を歩き、景福宮を観覧。
 古い街並みを歩きながら仁寺洞へ移動。明洞にタクシーで移動。
 明洞の繁華街を通り抜け、観光客があまり行かない南山方向の路地裏を歩き、ケーブルカー乗り場へ。
 これ乗りNソウルタワーへ。
 ソウル市内を一望した後、地下鉄明洞駅入り口まで戻って終了。

 荒天でケーブカーに乗車できない場合は、ロッテ百貨店「デパ地下の探訪」などに変更となることがあります。

    ◎ 予  算

     ・景福宮観覧料3000ウォン、デジタルガイド希望者はさらに3000ウォン

     ・昼 食:10,000ウォン以内(仁寺洞の冷麺や石焼ビビンバの店を想定)

     ・タクシー料金:10,000ウォン以内

     ・ケーブルカー料金:往復8,000ウォン

 (3) ソウル駅~南山の南側~広蔵市場~北村~仁寺洞(実施日:9月16(火))

韓国を代表する古美術等を鑑賞した後、活気があり屋台を楽しめる広蔵市場に行き、
さらに伝統的な居住地区や仁寺洞などを歩きます。

    ◎ 集合場所 ソウル駅

    ◎ 行  程

  ソウル駅の構内を歩き、KTX(韓国の新幹線)などを紹介。
  南山の南側にあるサムソン美術館に移動。
  古美術の名品の数々(サムソン財閥が集めた国宝や重要文化財)や現代美術を鑑賞。
  広蔵市場に移動。美味しいと評判のピンデトック等を食べます。
  市場を見学後、タクシーで多くのドラマのロケ地となった北村などの伝統的住居地区に移動。
  雰囲気のある通りを歩いて仁寺洞に至り、そこで終了。

 荒天の場合、街歩きは、ソウル歴史博物館(入館料無料)観覧などに変更となることがあります。

    ◎ 予  算

     ・地下鉄料金:T-Money購入(2,500ウォン~。これに必要金額をチャージして使用)、
      又は1回用交通カード利用(2,000ウォン程度+保証金500ウォン)

     ・サムソン美術館の入館料(常設10,000ウォン)とデジタルガイド料金(2000ウォン)

     ・昼 食:10,000ウォン以内(広蔵市場の屋台でのピンデトックなどを想定)

     ・タクシー料金:10,000ウォン以内

【夜の観劇など】

達人ツアーに合わせて、青森県ゆかりの演劇やコンサートの鑑賞を希望する方には、
チケットの予約方法などをお知らせします。

① 演劇「半神」(萩尾望都原作・脚本。野田秀樹脚本・演出)。

  青森県立美術館が制作した演劇「ソウルの雨」に出演したチュ・イニョンさんが主演女優。

  場 所:明洞芸術劇場

  期 間:平成26年9月12日~10月5日

  料 金:R席50,000ウォンS席35,000ウォンA席20,000ウォン

② アンサンブル・シナウィ公演(未定)

青森県立美術館制作の日中韓演劇「祝/言」などで名演奏を繰り広げたグループ。
公演日程が決まり次第、お知らせします。

最新記事の一覧へもどる