イベント情報

コルムとは

コルム(고름、「結び紐」の意味)

伝統音楽から現代音楽までを演奏します。伝統楽器と西洋楽器の競演をお楽しみください

コルム合奏シーンss.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【エレクトーン】  ペク・スンイン

ハープ奏者として活動後、1990年から現在に至るまでエレクトーン奏者として活躍。
日本全国を駆け巡り、1000回以上にわたる演奏実績を持つ。
クラシック、ポピュラーをはじめ、歌謡曲や演歌、朝鮮民謡に至るまでの幅広いジャンルをこなす。


【タンソ(短簫)】 イ・ドンシン

演劇や映画音楽などにも数多く携わり、精力的に演奏活動を繰り広げている。
狂言師の故・野村万之丞演出の「新伎楽」プロジェクトに参加し、米国等をツアー。
韓国の国立国楽院創作楽団の演奏会に出演。タンソ(短簫)の第一人者。
テグム、ピリ、テピョンソなどの民族楽器もこなす。


【テグム(大笒)】 イ・ジェス

東京生まれ。幼いころから伝統楽器に興味があり、韓国伝統楽器テグムを習う。
高校卒業後、プロの演奏家として活動を始め、2年前には韓国の国立国楽院にて公演参加をして好評を得る。
東京を拠点に演奏活動やテグム教室主宰など幅広く活動している。


【バイオリン】  ソン・イル

サポートバイオリニストとして活動後、2012年1月にAlbum『Nostalgia』でメジャーデビュー。
韓国教保文庫のCDニューエージチャートで週間1位を獲得。
東方神起、aiko、EXILEや国外アーティストもサポート。
ボリショイサーカスにも楽曲提供。『音無美紀子の歌声喫茶』のゲスト


【カヤグム】   キム・オル

東京生まれ。2002年、梨花女子大学 音楽大学韓国音楽科卒業。
現在、日本を拠点に音楽活動を行う。12絃、21絃、25絃カヤグムをこなす数少ない奏者の一人。
金オル・カヤグム教室主宰。東京韓国学校特技適性カヤグム講師。韓国文化院カヤグム講座講師

最新記事の一覧へもどる